宮本浩次「音楽と人」2019年12月号 最後の4行が泣ける | エレカシブログ~タマシイノウタ

宮本浩次「音楽と人」2019年12月号 最後の4行が泣ける

laugh-1391101_640 宮本、散歩中。(ソロ活動)

「音楽と人」2019年12月号
宮本さんのインタビュー、やっと読んだ。

カッコいい表紙と嬉しい言葉。

・・・泣ける。

スポンサーリンク

宮本浩次「音楽と人」2019年12月号

買ってすぐざっと目を通し、最後のページの言葉に釘付け、感動しつつも、そのまましばらく放置。

お髭の宮本さんはパソコンの横にしっかりちゃっかり固定。
ちなみに保存用と切り抜き用にもう2冊ゲット。(アイドル雑誌か・・・)

誰もいない時間にゆっくり読む!と思いつつの今日。

 


音楽と人 2019年 12 月号 [雑誌]

 

表紙のあまりのカッコ良さに、内容も中のフォトもきっと素晴らしいやろな~という期待を1ミリも裏切らない。

こないだの「MUSICA」11月号の記事も分かりやすく、ステキなフォトだったけど、さらにその上を行くんじゃないかと思う。

 

「MUSICA」しかり、ソロ活動以降、色んな雑誌やテレビなどのインタビューを目にしたけど、「音楽と人」ではファンとして一番気になる、エレファントカシマシというワードがより多く出てたように思うし、的を得たコメントが嬉しかった。

 

宮本さんのバンドに対する想いと将来の展望がより伝わってくるインタビューだった。

 

時に宮本さん、どこへ向かってるん?
エレカシはどうなるん?

と正直、不安に思ったこともあった。

 

でも、このインタビューの言葉にはエレカシに対する愛で溢れていた。
そして心の葛藤を全てさらけ出してくれたような気もした。

 

近所のレストランのおじいさんや作家の森茉莉さんの名を挙げて、

『70過ぎても80になっても自分のやりたい事を最後までやり通す姿はなんて素敵なんだろうと憧れる』
という宮本さんの言葉が刺さる。

 

宮本さんの生き方、考え方が好きだし、尊敬する。
最後まで自分のやりたいことをやれる人生でありたい。
今、心からそう思う。

スポンサーリンク

「音楽と人」最後の4行が泣ける

エレカシが好き。
だから宮本さんのソロも、もちろん応援する。

でも、もしエレカシの存在がなくなったら、それでも宮本さんを応援するかと問われたら
「YES」とハッキリ答えられただろうか。

 

エレカシなくして宮本浩次はあり得ない。
宮本浩次なくしてエレカシはあり得ない。

 

こんな簡単なことに今さらながら気づく。
愚問だ。

 
 
最後のページの最後の4行を短く。
 

エレカシでワクワクすることをやるのを誰よりも楽しみにしてるのは僕ですよ。バンドはこんなに楽しい。

 

この言葉で今までもやもやしてたものがストンと腑に落ちたような気がした。
 

しっかりと宮本さんの声が届いて、嬉しくて泣きそうになった。

エレカシの今後の活動は?宮本さんの言葉が示すもの

バンドとの葛藤。
今なお、ソロとしての迷い。

ソロとしての自分はまだ模索中で、完結していないという印象だけど、エレカシの方向性、今後どうしたいのか、その答えはハッキリ出てる、と思う。

 

ソロ活動をやりたかった理由と、バンドのためにも休息が必要だったということ。
そのタイミングが重なり、全てが良い方へ進んでいるという。

 

必ず、エレカシで次のステップに進む!

それがハッキリ伝わってきて、嬉しかった。

 

バンドに対する、愛で溢れた言葉。

エレカシの30周年ツアーがどんなに過酷だったか、宮本さんの言葉から伺い知ることができた。
「年も考えるとペースダウンは当たり前だと思う」と言う言葉は残念だけど、一ファンとしてそのほうがいいんだろなとも思う。

何年かに一枚のアルバムを出して、ライブをやる。
それが確約されるなら嬉しい。

ライブチケットが当選したらの話やけど💦

 

細く、長~く、続けて欲しい。

 

エレカシの新春、野音の2つは恒例だと信じてるし、それ以外のライブがどうなるのか、いつ開催されるのか分からないけど、その情報を楽しみに生きていける気がする。

フォトがヤンキーだった件

岡田さんのフォトは自然体の宮本さん満載でステキです。

ヤンキー少年がそのまま大人になったようなフォトがツボ^^
こんな中学生、いてる、いてる!

こんなフォトが撮れるんやもんな~。
岡田さんすごいな~。

指のゴツさと手の甲の血管が妙に生々しく、男過ぎる。
右手に見えるのはコンビニの袋?

リラックスしてる宮本さんの表情がすごくイイ。

amazon J-POP雑誌で現在ベストラー1位!
 

「宮本浩次」と「音楽と人」のロゴがピッタリ横並び。
何も知らずに見た人はなんてタイトルの雑誌なんだと思ったりするかも。

スポンサーリンク

コメント

  1. エレカシおばさん より:

    こんばんは、うずらさん。

    『音楽と人』あれはコンビニの袋だと私もおもいましたよ。しかも不敵な笑みが かわいいとさえ思ってしまった‥ 
    読んでよかった。
    寂しくもあり安堵もありで。 

    if i fell の歌声は、寝る前に聴けますよね! 全曲coverアルバム出してほしいくらいです。宮本さんにブルース唄ってほしいんです。

    • うずら より:

      エレカシおばさんさん、こんばんわ!
      やっぱり、コンビニ袋ですよね?
      何が入ってるんでしよ。あえて一緒に写してるのが面白いというか、ナゾというか。
      色んな表情見せてくれますよね、宮本さん。
      たまりません^^

      >全曲coverアルバム出してほしいくらいです。宮本さんにブルース唄ってほしいんです。

      私もそう思います!カバーアルバム、出ますように。
      そしてブルース、いいですねぇ^^