ライブ動員数ランキング2018年3月でエレカシがなんと2位に! | エレカシブログ~タマシイノウタ

ライブ動員数ランキング2018年3月でエレカシがなんと2位に!

016388f8097c1c947e2545f0d5a2451d_s エレファントカシマシ

フェスをテーマにしたWEBマガジンのAndMoreより先日、
2018年3月に開催されたライブの動員数が発表されました。

そこで、なんとエレカシが2位を獲得しています!


スポンサーリンク

2018年3月ライブ動員数ランキングでエレカシが2位!

ライブ動員数2018年3月度のランキングは、以下の通りです。
1位が関ジャニ、そしてなんと2位にエレカシがランキングしています。(同一順位にケイティ・ペリー)
あのワンオクやドリカムのライブ動員数をはるかに上回っていたのには正直ビックリしました。

エレカシはさいたまスーパーアリーナにて3月17日に「30th ANNIVERSARY TOUR “THE FIGHTING MAN” FINAL」。
翌日の3月18日にはスピッツ&ミスチルとの夢の3マンライブを開催しました。

2日間続けての大規模なライブにもかかわらず、疲れなど微塵も感じさせない、いや、それどころか、ますますパワーUPしていたエレカシのステージは圧巻でした。
その時の感動と興奮は今でもハッキリと脳裏に刻み込まれています。

私はエレカシのファンになってまだ1年にも満たない、ファンビギナーです。
デビュー30周年を迎えたエレカシの全国47都道府県ツアーが去年開催され、幸運にも数ヵ所行くことができました。
そのツアーも始まった頃はまだチケットに余裕があったそうなんですが、回数を重ねるにつれ、新たなファンがどんどん増え、チケットも入手困難になり、3月ツアーファイナルのさいたまでは増席するもSOLD OUT。
それでも行きたかった~というファンの方はたくさん見受けました。

そんな事を思うと3月の2日間のライブ動員数が2位にランキングされたのも当然の結果かも知れません。

6月からはライブハウスツアーを開催。
そしてニューアルバムのリリース。
続く7月には今年初の参加となる、注目のフジロックへの出場。

51才にしてとどまることを知らないエレカシの勢いはファンビギナーである私でさえもしっかりと感じ取れました。

私たちに感動と勇気を与え続けてくれるエレカシ。
これからもずっと追い続けて行きたいと改めて思いました。
行けるライブはどこまでも追っかけて行きます!

エレカシ誕生・赤羽の聖地に行きたかった件

話は変わりまして・・・
4月11日、テレビ東京「朝の!さんぽ道」で赤羽の特集が放映されます。
エレカシが登場するとかじゃないんですが、「桜の花、舞い上がる道を」のMVの撮影が行われた赤羽台団地などが出てくるようです。
興味のある方はぜひ!

〔エレカシのメンバーが生まれ育った赤羽〕
放送日:2018年4月11日(水) 07時35分~08時00分

 

実は、3月にさいたまライブに行った時、開演までに時間があったので赤羽駅まで行ってきたんですね。
さいたま新都心から赤羽まで22分ほどで行けることが分かり、少し迷ったんですが、行ってみることにしました。
こんな機会メッタにないし~と思いつつ。

それこそ赤羽台団地やら聖地である喫茶店やらに行きたかったんですけど、一人じゃね~。
なんだかこっ恥ずかしくって、行けませんでした。
結局、赤羽駅の周りをウロウロしたり、「エレカシ紅白初出場おめでとう~!」の垂幕が飾られたであろう商店街の中を歩いて、喫茶店でコーヒーを飲んだだけなんですが。

エレカシメンバーが生まれ育った赤羽の空気を少しでも感じたくて行ったんですが、ここまで来て・・・ジミにマトメテミマシタ。💦

赤羽は明るくて庶民的な街というイメージでした。
日曜日ということもあり、昼間でもたくさんの人たちが一杯飲み屋みたいなところで楽しそうに呑んでいたのが印象的でした。

今度さいたまに行くことあれば今度こそエレカシの聖地にゆっくり回りたいな。

月刊ソングス2018年5月号にエレカシ掲載

コチラはエレカシ掲載の雑誌情報です。

月刊ソングス2018年5月号にエレカシのさいたまライブ&イベントレポが掲載されます。


月刊ソングス 2018年 05 月号

発売日は2018年4月13(金)

 

こちらは先日チラっとお知らせしていますが、ロッキング・オン・ジャパン。
絶賛発売中!

枝に絡みつく宮本さんがなんとも不思議でカワゆい

エレカシ連続企画始まりますよ~~!!

スポンサーリンク

コメント