CUT 7月号 宮本浩次のインタビューに癒されフォトに射抜かれ | エレカシブログ~タマシイノウタ

CUT 7月号 宮本浩次のインタビューに癒されフォトに射抜かれ

road-569042_640 宮本、散歩中。(ソロ活動)

CUT2019年7月号で宮本さん久々のインタビューが掲載。

宮本さんの充実した日々が垣間見えるような、嬉しい言葉の数々にほっこり。

加えて、撮り下ろしフォトのダンディなこと!

相変わらず、破壊力ハンパないです。


スポンサーリンク

CUT 7月号の宮本さんのインタビューに癒されフォトに射抜かれ

本屋に行ったのが発売日の夕方だったんですが、あと一冊しか残ってなかった。

あぶな-。

家に帰ってさっそくパラパラしてみると、撮り下ろし写真のなんとカッコ良いこと。

ボサボサに伸びた髪と無精ひげ。

そしてストライプのシャツ。(あんま、見たことない)

いつもの白シャツよりなんとなく男の色気を感じさせる、ダンディなお姿。

 

渋谷さんとのインタビューは、ソロ活動開始して分かったことや喜びなどを、分かりやすい、真っ直ぐな言葉で語られています。

 


Cut 2019年 07 月号 [雑誌]

※表紙はBUMP OF CHICKENの藤原基央さんです。
 

自分が決めた道を躊躇なく進んでいる宮本さん。

結果、色んなところで宮本浩次という人間が認められているのがすごく楽しい、と素直に語られているのが印象的でした。

 

「毎日が充実して楽しい!」

と、少年のような瞳で嬉しそうに話す宮本さんの姿を想像して、こっちまでほっこり嬉しくなる。

スポンサーリンク

宮本浩次⇔高橋一生

「きみに会いたい-Dance with you-」の曲に対する想いと同時に、

楽曲を提供した一生さんについても、先日のジャパカンよりさらにさらに、熱く詳しく語られているのが嬉しい。

渾身の曲を一生さんに喜んでもらって、あんなにかっこよく歌ってもらって、最高でした。

どうでもいい人にはこんな曲はつくる気しないし、こういう歌詞には絶対ならないと思う。

 

もうね、男が男に惚れるって感じですね。

いや~、一生さんに嫉妬してまうやん^^;

 

歌詞の「きみに会いたい いますぐ会いたい」というのが自分でもわけわからないくらい、泣けてしょうがないって下りなんかは、

「なんでやねん!ねん!?」と思わず突っ込み入れたくなる勢いで。

 

もしかして大切な人を思い浮かべてたのか?

そうなのか?みやもっさん!

 

でも、「一生さんが歌うという前提で作ったからであって、自分の曲としては絶対に作れない」
とあったんで、それは違うか・・・。
しょ~もないベタなこと考えてもた^^;

 

なんかね、宮本さんがものすご~く充実した日々を送って楽しまれているのがこっちにまで伝わってきて、すごく嬉しい。

 

でも、戦う男・宮本浩次はこれでは納まらない!?

もっと大輪の花を咲かせるためには、まだまだやることはいっぱいあるのかな

ということは、
宮本さん、またびっくりするような何かをきっとやるな!

 

現状に満足せず、いつも前を向いて歩く男、宮本浩次。

いいな💕

 

これからのソロ活動の予定なんかもチラッと。
来年楽しみやけど、それまで長いよ~!

ソロに対する想いだけでなく、「エレカシ」への想いもしっかりと伝わってきました。
ココ、嬉しいポイントです。

 

そして、いっちゃん最後には

どっちも自分の大切なものなんで両輪で生きていきたいと思います。

と結ばれてました。

 

エレカシもソロも続けて行くという。

そう、ハッキリ言い切る宮本さんの言葉を見ると、やっぱ嬉しいし、泣けてくる💦

 

え?でも、「宮本、散歩中。」ってのは?

 

宮本さんは永遠に散歩から帰らないってことなん?

ま、そのあたりはいっか。

 

あと、記事の中のフォト、すごくおしゃれっぽく写っててステキなんだけど、よく見ると胸元に目立つキズが?

何のキズなんやろ。ケガ?
大丈夫ですか~。

チョイと気になったりしてます^^;

スポンサーリンク

コメント

  1. エレカシおばさん より:

    こんばんは、うずらさん。

    あのストライプのシャツ この間のPAOの会報誌に写ってたシャツでしょうか??

    『泣けてしょうがない』ってところ、なんで??なんで??私も思いましたよ。切ないって どーして?って。
    そこを深く掘り下げないのがいいのかしら? 女性誌のインタビューなら 絶対にスルーしないですよね?

    • うずら より:

      エレカシおばさんさん、こんばんわ。
      オォ~、そうなんですか!?
      今、PAOの会報と雑誌と並べて見てみたんですけど、それっぽいですね。
      多分、同じかと。
      さすがの観察力です!^^v

      確かに女性誌なら突っ込まれそうですね。
      アタフタする宮本さんが見てみたい^^
      なんで、あんなに力込めて「泣けて泣けてしょうがない」のか、ホントのところが知りたいです^^;